いったい、介護費用は月にいくらかかるか?

在宅、遠距離、施設入所でシミュレーション

身体的な衰えと同時に気になるのは、認知症だ。家計経済研究所のデータによれば、認知症の程度が重くなると介護費用も増える。要介護度が1以下でも、認知症が重度だと介護費用は月5万7千円。要介護度が4~5で認知症が重度であれば12万6千円に跳ね上がる。

■ケース1 福岡の父(要介護2)を遠距離介護
<介護保険の支給限度内(1割自己負担)1万9300円>
月~土 身体介護30分(着替えや食事の介助、デイケアに出かける準備など)
月・水・金 デイケア(機能訓練や介助付きでの入浴)
福祉器具貸与(車椅子など)
<その他のサービス(全額自己負担)4万円>
配食サービス(平日) 2700円/週×4
家事代行(掃除・洗濯など)6300円/2時間×4
見守りサービス(緊急時駆けつけ、ドアの開閉検知など)4千円/月
<月に一度、帰省 4万2千円>
東京―福岡往復 介護帰省割引を利用
【合計】10万1300円
※いずれのケースも介護者は東京在住を想定。

6割が施設介護を望む

一般に、要介護3以上になると、一人暮らしは難しくなる。同居の場合、介護度が重いと家族の負担も増える。一緒にいるのだからとすべて抱え込むと共倒れしかねない。ケース2(下記)のように、介護保険の範囲を超えても、夜間や休日にプラスαのサービスを追加すれば、要介護3で約12万5千円となる。

では施設入居はどうか。一昔前までは抵抗感もあったが、今では親のほうが施設を望むケースも増えているという。生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」(13年度速報版)では、自分が要介護状態になった場合、約6割が施設介護を望んでいた。

すぐに思い浮かぶのは特別養護老人ホーム。費用は月5万~13万円程度だが、多くは数百人待ち。これまで要介護1も受け入れてきたが、来年度から要介護3以上と条件が厳しくなる。

認知症がある場合、家庭的な雰囲気の中でスタッフと共同生活するグループホームも選択肢の一つ。月額12万~25万円で、入居金が必要な場合もある。症状が進んだり、介護度が重くなると退去しなくてはならないこともあるので、要チェックだ。

次ページ介護費用は誰が持つ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。