「苦手」を避け続けている試験バカへの処方箋

“目線”を意識すれば応用力が身につく

こうして当事者目線を意識して民法を見つめなおした結果、みるみるうちに問題が解けるようになりました。断片的にしか持っていなかった知識が有機的に理解され、どんな問題でも大外しすることがなくなりました。そりゃそうですよね。当事者の目線に立って「金払え」、「物よこせ」、「どけ」のどれかから要求を選べばいいのですから。

「人と人」の話なら、何にでも応用できる

この考え方は、こと人と人の取引が関連する分野にはあまねく通じる話です。法律も外国為替も、人と人の取引が関連しますので、ご質問のケースについても、「誰目線の話なのか」を意識すると視界が開けると思います。

輸出、輸入といっても、ある人にとっての輸出は相手にとっては輸入なわけで、誰目線かによって行為自体が変わってきます。外為法などの様々な規制や決まり事も、誰かの目線・利益を意識して定められているわけですから、誰目線なのかを意識していれば「そりゃそうだよね」という決まり事がたくさんあることに気づき、知識が有機的につながっていくはずです。

以上、目線を意識することで知識の体系化が行われやすい、ということをお伝えしました。最初に“ちゃぶ台返し”をした割にはまともなことを言ったでしょ(笑)。ご質問者様が「苦手分野」に集中し、来年3月の試験を突破されることを願ってやみません。ではまた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT