腰痛はアタマで治す 伊藤和磨著

腰痛はアタマで治す 伊藤和磨著

腰痛になるのは、腰に過大な負荷をかける前傾姿勢のせいか、背中を丸めた姿勢で暮らしているため。長年の不良姿勢と不適切なかがみ動作の繰り返しが、腰部の組織に微細なダメージを与え、それが蓄積した結果、腰痛になる。

本書は、首のコリや腰痛の原因を、豊富な図版を交え形態学や生体力学の観点から解説。身体の仕組みや重力との関係を理解し、腰に負担をかけない姿勢や動作を実践する方法を伝授する。

キネシオロジスト(矯正運動療法士)である著者は、手術や薬物療法など幹部の治療だけでは解決できない腰痛を「マネージメントする知識と、頭の位置をコントロールすること」で、根本的に改善できると説く。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。