『教行信証』を読む 親鸞の世界へ 山折哲雄著

『教行信証』を読む 親鸞の世界へ 山折哲雄著

主著『教行信証』の読解を通して、親鸞自身の構想の変化、思索の深化を描き出し、親鸞の教説の本質を浮き彫りにする。

『教行信証』は経典からの引用また引用で、読み通すことはなかなか難しい。その経典の意味を丁寧かつ平易に解説することで、親鸞が何にこだわり続けたのかを明らかにする。たとえば、性(さが)として悪への誘惑におぼれる愚かな人間、特に人殺しの大罪を犯したような極悪人に宗教的な救いはあるのか、彼らはいかにして救われうるのか。人間存在の深淵を見つめる親鸞の到達した地平が、明確に指し示される。『教行信証』がデカルトの『方法序説』とも比較しうる思想的営みとしてとらえられている。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。