天に問う手紙 小林弘忠著

天に問う手紙 小林弘忠著

渡辺はま子の歌う「モンテンルパの夜は更けて」。この歌で、フィリピンに拘留されたBC級戦犯を救援しようとする運動は一挙に盛り上がった。死刑執行におびえ故国への帰還を待ちわびた100人を超す受刑囚はいかにして励まされ続けたか。彼らが冤罪を免れてようやく日本の地を踏んだ時、敗戦から実に8年の歳月が経過していた。

その陰には、復員局職員植木信吉の役人の分を超える活動と、現地で4年間まさに粉骨砕身、受刑囚を励まし助命活動を続けた仏僧加賀尾秀忍の存在があった。特に植木の執念は、保身や出世とは無縁の生き方として極めて印象的だ。

刑務所生活、留守家族の思い、会報「問天」発行の苦労、救援記録、フィリピンの反日感情と戦後賠償問題など、
記述は時に詳細にすぎるほどだが、意表つく死刑執行の衝撃、モンテンルパの歌の誕生秘話、妻子を日本軍に殺されたキリノ大統領の苦悩など起伏もあり、後日談の後味もいい。(純)

毎日新聞社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。