天に問う手紙 小林弘忠著

天に問う手紙 小林弘忠著

渡辺はま子の歌う「モンテンルパの夜は更けて」。この歌で、フィリピンに拘留されたBC級戦犯を救援しようとする運動は一挙に盛り上がった。死刑執行におびえ故国への帰還を待ちわびた100人を超す受刑囚はいかにして励まされ続けたか。彼らが冤罪を免れてようやく日本の地を踏んだ時、敗戦から実に8年の歳月が経過していた。

その陰には、復員局職員植木信吉の役人の分を超える活動と、現地で4年間まさに粉骨砕身、受刑囚を励まし助命活動を続けた仏僧加賀尾秀忍の存在があった。特に植木の執念は、保身や出世とは無縁の生き方として極めて印象的だ。

刑務所生活、留守家族の思い、会報「問天」発行の苦労、救援記録、フィリピンの反日感情と戦後賠償問題など、
記述は時に詳細にすぎるほどだが、意表つく死刑執行の衝撃、モンテンルパの歌の誕生秘話、妻子を日本軍に殺されたキリノ大統領の苦悩など起伏もあり、後日談の後味もいい。(純)

毎日新聞社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT