就活生が驚く「印象に残るエントリーシート質問」

負荷大きいが興味そそる独自設問に学生は好感

就職活動で提出するエントリーシートの設問には企業の個性が表れている(写真:shimi/PIXTA)

現在の就職活動の実質的なスタートは3年夏のサマーインターンシップからと言われている。だが、多くの学生にとってインターンシップは就活の前哨戦であり、本格的な企業とのコンタクトは3月から始まる。就活サイトから企業にプレエントリーし、3月半ばにはエントリーシート(ES)を提出する。その内容は面接の質問に反映される。

エントリーシートを上手に書くのは大きな負荷なので、「エントリーシートを共通化してほしい」という要望は多い。その要望に応えるリクルートの「OpenES」のようなサービスもある。

しかし、すべての企業が使っているわけではなく、大手企業では独自フォーマットのESであることが多い。そして、印象に残るような意外感のある質問を出す企業もある。そこで、HR総研が楽天みん就と共同で6月に行った「2022年卒学生の就職活動動向調査」のデータを用い、就活生が驚いたエントリーシートの設問を紹介したい。

印象に残る企業の上位は?

まず、印象に残るような設問を出すと、学生が評価する企業を紹介したい。HR総研の就職活動動向調査で「エントリーシートが印象に残っている企業を1社だけ挙げてください」という質問を毎年行っており、上位企業の顔ぶれはほぼ固まっている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

今回のTOP10を挙げると、1位旭化成、2位カゴメ、3位アクセンチュア、4位博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、5位講談社、6位花王、7位味の素、8位バンダイ、9位は同数で楽天グループソニーグループだ。

この順位は、2022年卒学生の回答によるものだが、2021年卒を対象とした調査でもトップ3は旭化成、カゴメ、アクセンチュアだった。これらの企業を志望するなら、エントリーシートの事前対策が有効である。

次ページ学生の知的好奇心をかき立てる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT