倉本聰さん語る「北の国から」田中邦衛さんの素顔

40周年に作りたかった「さらば黒板五郎」の中身

インタビューに応じる倉本聰氏(撮影・佐藤翔太)
先が見えないコロナ禍の2021年(令和3年)、俳優田中邦衛さん(享年88)は3月24日に老衰で、この世を去った。2012年に親友だった地井武男さんの「お別れの会」に出席後は、公の場に姿を見せることはなかった。邦衛さんの代表作となったフジテレビ系ドラマシリーズ「北の国から」(81~02年)の脚本家倉本聰さん(87)を、冬の北海道・富良野に訪ねて、その思いを聞いた。

「北の国から」主人公に邦衛さんを選んだワケ

妻と別れて2人の子ども、純と蛍を連れて電気も水道も通らない故郷の北海道・富良野へ帰る男――。倉本さんは、「北の国から」の主人公・黒板五郎に、邦衛さんを選んだ。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

「6人ばかり候補がいたんです。高倉健さんも、そうだったし。それから中村雅俊、藤竜也、西田敏行もいましたね。その中に邦さんが入ってた。この中でいちばん情けないのは誰だろうっていう話になったら、間違いなく邦さんだと。それで邦さんになっちゃった。

この主人公には僕を半分、仮託しようと思ってたから。子ども2人を故郷に連れて帰って、まいることや弱気になっちゃうこともあるだろうし、女をこさえちゃうこともあるだろう。そういう情けないことがしばしば、この男には起こるに違いないと。そのときにやっぱり健さんみたいにかっこのいい人だと、ちょっと面白くない。子どもが父親を尊敬しつつも、嫌だなこいつと。おやじ、情けないなっていうふうに思える人間というのが、ちょっと欲しくてね。それで邦さんになったんですね」

「若大将」シリーズの敵役・青大将、「網走番外地」シリーズの高倉健の舎弟、「仁義なき戦い」のヤクザ。個性的なバイプレーヤーとして確固たる地位を築いていた邦衛さんにとって、大きな挑戦となった。

次ページ「最初はちょっと不満げでしたよね」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT