佐藤二朗「僕が入社1日で大手企業を辞めた訳」

スーツを着て演劇もする暗黒の20代を超えて

俳優として活躍する佐藤二朗さんが20代の暗黒時代を経験したのちに得たものとは(撮影:矢部朱希子)
俳優としてテレビや映画で活躍する佐藤二朗さんにインタビュー。かつては劣等感から自分に自信が持てず、「暗黒の20代」をすごしていたという。夢と現実の狭間で葛藤し、苦しみの末に見いだした思いをうかがった。

「俳優になるのが夢?いやいや、なる運命だから」

――俳優を目指そうと思ったきっかけは?

僕が覚えているかぎりの最初の記憶は、小学4年生の学習発表会での劇です。そのとき僕は脇役を演じたはずなんですが、なぜか僕のセリフの量は劇全体の7割を占めていてね。

当記事は不登校新聞の提供記事です

たいへんでしたが喋るたびに、みんながすごく笑ってくださったんです。そこから「お芝居ってなんて楽しい世界なんだ」と思ったんです。

また、ちょうど同じ時期に、脚本家の山田太一さんや倉本聰さんのドラマをかじりつくように観ていたので、その影響も大きかったですね。

そうしたことからお芝居の世界に夢中になり、しまいには「僕は俳優になる」と思い込んでいました。

今考えると頭がおかしいとしか言えないんですが、「俳優になるのが夢? いやいや、なる運命だから」と本気で考えていたんです。バカですね(笑)。

でも一方で「そんなの無理に決まっている」と否定する自分もいました。僕は田んぼ畑が広がる片田舎に住んでいたので「大東京に1人で上京して、役者で飯なんて食えるわけがない」とも思っていたんです。

結局は俳優の道に進む勇気が持てず、大学を卒業してリクルートに就職しました。ところが、1日で辞めてしまったんです。

――そうだったんですか!

もちろんリクルートさんには非がないし、僕も辞める気はなかったんですが、入社式でいっしょに働く同僚や熱意あふれる上司の話を聞いているうちに「この人たちと10年も、20年もいっしょに仕事するんだ。このまま俳優をあきらめるんだな」と実感したのね。

気づいたら入社式のあと、寮にある荷物も置いたまま、ふわ~って鈍行に乗って、地元に帰ってしまいました。

次ページこうなったら俳優に挑戦するしかない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT