新庄監督と稲葉GM「カッコいいチーム」を目指す訳 子どもたちに憧れられる「全力でやる」チームに

拡大
縮小
インタビューを受ける日本ハム稲葉GM(写真:黒川智章

日本ハム稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM=49)が、BIGBOSSとの二人三脚で歩み出した新生日本ハムが描く将来像を明かした。今夏の東京五輪で侍ジャパンを金メダルに導いた大仕事の次は、新庄剛志監督(49)とのタッグで挑むチーム変革。2人が目指す“カッコいいチーム”とは──。

表舞台は新庄監督に、自らは後方支援に徹する

稲葉GMは沖縄・国頭でBIGBOSSからの、とある“誘い”を断っていた。新庄監督の秋季キャンプ視察2日目、早朝の出来事だ。「『あっちゃん、一緒に出ようよ』『あっちゃん、いいから出ようよ』って。いやいや、ビッグボスだけのほうが絵になりますから」。真っ赤なジャージー姿で登場した翌日の話。注目度が増す球場入りは、別々でとお願いした。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

この“お断り”には、稲葉GMのスタンスが詰まっていた。「チームを変えていくのは監督です。監督のやりたい野球を、とにかくサポートしたい。だから僕は全然、表に出るつもりもない。監督やコーチ、選手らにいろんな意見を聞いて、裏で、うまくチームを動かす潤滑油になっていきたい」。表舞台は新庄監督に任せ、自らは後方支援に徹することを決めている。

役割を明確にしたうえで、表裏一体でチーム変革を進める。ともに野球観は同じ。「やっぱ僕、守りが大事だと思っている。守備から攻撃に。ジャパンでもずっと言い続けてきました。それは、ビッグボスも同じ考えです」。2人で話す新たなチーム構想も、守備から話題が広がる。「やっぱ守備が大事だよね、と。だから『あの選手、どこか守れないの?』『足速い?』『肩強い?』『じゃあ、この選手ここ守れない?』とか。ビッグボスは固定観念を持たずに、いろんな可能性を考えている」。

目指すチーム像も、同じだ。新庄監督は「カッコいいチームにしたい」と言った。稲葉GMも「ファイターズってカッコいいよねと言われるように」と同調する。もちろん、顔のカッコよさではない。求めるのは「全力でやるということ」。稲葉GMは現役時代から「全力疾走」をモットーにしてきた。

「ビッグボスもそうですよ。センターまで、僕と(森本)稀哲と3人で同じくらい全力で走っていましたから」と振り返り、語気を強めて続けた。「カッコいいってみんな勘違いしている部分がある。投ゴロを走らない……それは照れ。一塁まで全力で走れよ、と。アウトになるとわかっていても全力で走ったら、見ている人はどう思う? 攻守交代もそう。少年野球じゃないですけど、原点」。

次ページ新庄BIGBOSSに怒られた現役時代
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT