20~30代が過半数「黒いCX-5」が若者に売れる理由

価格と内容のバランスを見極める若者の審美眼

ここで思い出すのが、やはり若い人に人気があると聞いた「ロードスター」だ。2021年は、購入者のうち30代未満のユーザーが15%から30%へと倍増したという。そのためロードスター全体の購入平均年齢が5歳も若返って、46歳になったというのだ。

マツダの国内営業本部は「990Sの記事を見て、興味を抱いてディーラーに足を向けた方が多かったようです。ただし、若い方が結果的に購入するのは、装備のより充実したSパッケージになっています」と説明する。

ちなみに、若者が興味を持つきっかけとなった「990S」とは、秋にファンイベントでその存在を知られるようになった新しいグレードだ。

新しく追加されたロードスター「990S」(写真:マツダ)

ロードスターの楽しさの根源となる「軽量さ」を磨き込んでいる。走るための装備は充実しているが、カーナビなどの快適装備は省略。“ロードスターの本質に迫るモデル”として、マニアックなユーザーから注目を集めている。

「本質を見抜く力」を持つ今の若者たち

若い世代に支持されているのは、マツダ車だけではない。2021年の夏に導入されたホンダの新型「シビック」も、「若い世代からしっかりと支持を得ている」とホンダは説明する。

新世代のシビックは若い世代をターゲットとしながらも、319万円からと価格は少々高めだ。「若者向けに、そんな高くしても大丈夫なのか?」と、シビック開発者に聞けば「今の若い世代は本質を見抜く力がある。ちゃんとしたものであれば、値段は関係ない」と言う。

新型「シビック」は319万円~353万9800円で、CVTと6速MTが選択できる(写真:本田技研工業)

たしかに、新しいシビックは楽しい走りがあり、内外装のデザインも洗練されていた。そうしたデキのよさを若者は理解したうえで300万円台の高価なクルマを買うのだ。

とはいえ、昭和の時代にあった「一番高いものが一番いいから、一番高いものを買う」というスタイルではない。CX-5やロードスターでいえば、もっと装備の充実した高価なグレードもあるけれど、若い世代が購入しているのは、価格と内容のバランスのいいグレードだ。

若い世代は品質や性能だけでなく、価格面でもしっかりと“良い/悪い”を判断できるのだろう。目の肥えた顧客ということだ。特に今は、ネットという集合知を利用することもできる。それが今どきの若い世代なのではないだろうか。売るほうは大変だ。

この記事の画像を見る(16枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT