20~30代が過半数「黒いCX-5」が若者に売れる理由

価格と内容のバランスを見極める若者の審美眼

女性比率は、「ブラックトーンエディション」がトップで約14%。「フィールドジャーニー」は7%、「スポーツアピアランス」は8%で、トップと大きな差を付ける。

また、CX-5全体として売れているのは「ブラックトーンエディション」がトップで23%、続いて「スポーツアピアランス」の20%、「エクスクルーシブモード」の19%と続くという。

まとめると、「CX-5でもっと売れているのがブラックトーンエディションで、その約半数(53%)が20~30代。女性人気も高い」ということだ。“若者のクルマ離れ”が問題になって久しいが、そうした中でもCX-5は若い世代に、それなりに支持されていると言える。

派手ではなくても細部を仕上げたバランスのよさ

では、若者と女性に人気のブラックトーンエディションは、どのような内容なのだろうか。まず、目を引くのは名前の通りの精悍なルックスだ。

ブラックトーンエディション。パワートレインはガソリンとディーゼルから選択できる(写真:マツダ)

グリル下の左右に伸びるメッキ部分(マツダは「シグネチャーウイング」と呼ぶ)は、ブラッククロームに。19インチの大径ホイールもブラックメタリックで、ミラーもブラック仕上げだ。

シートもブラックの合成皮革になっており、室内各所の装飾もブラックやクロームで統一されている。ド派手ではないけれど、細部をきっちりと仕上げた仕様だといえる。

シートはグランリュクス®(ブラック)+合成皮革(ブラック)(写真:マツダ)

機能面はミドルグレードのプロアクティブと同等で、価格はプロアクティブよりも14万円ほど高い。しかし、19インチアルミホイール代とブラック加飾代金と思えば、約14万円の価格差はむしろバーゲンプライスだろう。価格帯としては、数あるグレードの中でも“真ん中よりもやや下”という位置づけだ。

「価格と装備のバランスがよいというところ、やりすぎじゃないところが、若い人に受けているのではないでしょうか」とマツダの国内営業本部は説明する。

つまり、“格好はいいけれど価格は手ごろ”というモデルが「ブラックトーンエディション」だということ。そして、それを若い世代や女性が選んでいるのである。

次ページ「ロードスター」は30代未満のユーザーが倍増
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT