知っておきたいアメリカ意外史 杉田米行著

知っておきたいアメリカ意外史 杉田米行著

アメリカの外交史を専門とする著者は、日本ではアメリカに関する不正確な情報、不適切なイメージが蔓延し、本当の知識が不足していると指摘する。たとえば「独立宣言」は崇高な理念をうたう第1部がよく知られているが、続く第2部は当時のイギリス国王・ジョージ3世に対する悪口や愚痴のオンパレード。南北戦争の本当の目的は、「奴隷解放」ではなく、「連邦の維持」だったという。

複雑で多面性を持つ超大国アメリカ。日本は同盟国としてどう受け止めていくべきなのか。現在を理解し、未来を知る最短の道は歴史に学ぶことだとし、アメリカの本質をうかがい知ることのできる、日本人が知らないアメリカ史の意外な側面を紹介する。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。