前方後円墳の世界 広瀬和雄著

前方後円墳の世界 広瀬和雄著

見る者を圧倒する巨大な墓、前方後円(方)墳。造られた当初は全体が石で覆われ、時に、はにわを巡らすなど、威容を誇っていた。最大の大山(仁徳陵)古墳は、墳長486メートルあり、古代工法では1日2000人で15年8カ月、現在価値で約800億円かかったとの試算もある。

3世紀半ばから約350年間、北海道、北東北と沖縄を除く列島各地で約5200基が築造された。それはなぜか。墳長100メートル以上の大型は302基、うち140基が畿内に集中する理由とは。また共通する墳形にはどんな意味があるのか。律令国家の形成過程における隆盛と見るのではなく、1個の独立した時代における特質としてとらえて明らかにする。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。