「メールを失くす社内SNS」のトークノート

B2Bスタートアップ特集<2>

トークノートはKDDIやソフトバンクのような大企業から社員数10~20名の中小企業まで幅広く導入されているという。

「導入企業様からは主に2パターンの実感の声をいただいています。ひとつめはトークノートでのカジュアルで密なコミュニケーションが増えたことで、社内の 雰囲気が良くなった。2つ目は業務効率化に繋がるという話。メールではなくトークノート内のタイムラインやグループでコミュニケーションすることで、CC やメーリングリストなどの無駄なメールが減り、作業効率が上がったと言われることが多いです」

トークノートを活用している部署は雰囲気がいい

 

そんなトークノートだが、特に「社内の雰囲気が良くなった」というのは定量的には測りにくい。実はKDDIでは「トークノートは本当に役立っているのか?」と解約を検討されたことがあるという。

「KDDI様は大型クライアントなので解約検討の話が出た時は焦りました。そこでKDDI様の社内でトークノートをよく活用している部門とそうでない部門にアンケートを取ったところ、トークノートを活用している部署の方が雰囲気が良く、部署内の風通しが良かった。それを理由に『だったら継続利用の価値がある』ということで、ご継続いただきました」

KDDIでトークノートを気に入って利用していたユーザーが関連会社のmedibaへと出向になり、medibaでは別の社内SNSを使っていたが、それをトークノートに切り替えたという事例もあるようだ。解約率は解約金額に対して月次で1%程度のようで、低い数値といえるだろう。

トークノートは実際にはこのような利用をされている。これは自発的に社員が浴衣を着て展示会に出ている写真をupし、社内でコミュニケーションが生まれている様子だ。

 
次ページ成長の可能性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT