「メールを失くす社内SNS」のトークノート

B2Bスタートアップ特集<2>

トークノートはKDDIやソフトバンクのような大企業から社員数10~20名の中小企業まで幅広く導入されているという。

「導入企業様からは主に2パターンの実感の声をいただいています。ひとつめはトークノートでのカジュアルで密なコミュニケーションが増えたことで、社内の 雰囲気が良くなった。2つ目は業務効率化に繋がるという話。メールではなくトークノート内のタイムラインやグループでコミュニケーションすることで、CC やメーリングリストなどの無駄なメールが減り、作業効率が上がったと言われることが多いです」

トークノートを活用している部署は雰囲気がいい

 

そんなトークノートだが、特に「社内の雰囲気が良くなった」というのは定量的には測りにくい。実はKDDIでは「トークノートは本当に役立っているのか?」と解約を検討されたことがあるという。

「KDDI様は大型クライアントなので解約検討の話が出た時は焦りました。そこでKDDI様の社内でトークノートをよく活用している部門とそうでない部門にアンケートを取ったところ、トークノートを活用している部署の方が雰囲気が良く、部署内の風通しが良かった。それを理由に『だったら継続利用の価値がある』ということで、ご継続いただきました」

KDDIでトークノートを気に入って利用していたユーザーが関連会社のmedibaへと出向になり、medibaでは別の社内SNSを使っていたが、それをトークノートに切り替えたという事例もあるようだ。解約率は解約金額に対して月次で1%程度のようで、低い数値といえるだろう。

トークノートは実際にはこのような利用をされている。これは自発的に社員が浴衣を着て展示会に出ている写真をupし、社内でコミュニケーションが生まれている様子だ。

 
次ページ成長の可能性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT