「あきっぱ!」が仕掛ける駐車場の低価格化

市場規模3.5兆円!Airbnbの駐車場版

 2011年には『シェア<共有>からビジネスを生みだす新戦略』という書籍も発売され一世を風靡したことから、スタートアップ業界ではシェアリングエコノミーサービスが増えてきている。しかし収益モデルの脆弱性からか、大型資金調達に至ることなく、少なくない数のサービスが市場から撤退した。シェアリングエコノミー銘柄は儲かるのか?
そんな懸念もある中で、回を分け3つのサービスを紹介する。初回は駐車場シェアリングサービス「あきっぱ!」を運営する、ギャラクシーエージェンシー。代表取締役の金谷元気氏に話を聞いた。

当初、ギャラクシーエージェンシーでは求人事業が主力だった。光通信系出身の金谷社長の営業力を武器に、営業に強い組織ができあがりつつあった。

そんな中、社内で新規事業を考えようと、各社員でアイデアを振り絞った。200個ほど出てきた案をポストイットでまとめていき、ふたつの意見に着目したという。

国内の駐車場料金市場だけで3.5兆円

「あきっぱ!」の駐車場検索サイト(クリックするとジャンプします)

「ひとつは、外出した際に車を停めるところがなくて困っているという話。もうひとつは地方出身の社員が、実家の土地が余っているのだが有効活用できないかという話。このふたつの意見から、空いた土地を活用した駐車場サービスに需要があるのではないかと考えました。現に東京都内では瞬間路上台数が6.3万件もあるという問題がありました」

実は「あきっぱ!」以外にも即時配達系のサービスなど候補はあったという。最終的に駐車場のシェアリングサービスである「あきっぱ!」に絞り込むには明快な理由があった。

「いちばんは市場規模がかなり大きかったことです。国内の駐車場料金市場だけで3.5兆円ありました。これはでかい!と。次に当社は求人事業で培ったB2Bの営業力があるので、駐車場シェアリングサービスで駐車場を開拓していく際に、既存の事業資産を活用できるのではないかと思いました。この2点が「あきっぱ!」に参入を決めた理由です」

次ページ駐車場業界の現状は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT