ベントレーが4000万円超の高級車を発売

その名は「ミュルザンヌ・スピード」

[パリ 3日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン傘下の英高級車ブランド、ベントレーは超高級車「ミュルザンヌ・スピード」を発売した。今後拡大が見込まれる超高級車市場でシェアを広げる狙いがある。

同車の価格は32万4000ユーロ(41万1000ドル)と、ベントレーにとって最高級モデル。また、8気筒エンジンを搭載し、新しい燃焼システムを採用したため、4.9秒で時速100キロまで加速することが可能。

ベントレーは車種の多様化を進めており、2016年には高級SUV(スポーツ用多目的車)の発売も予定している。アナリストらは、ベントレーが高級車市場のシェアを拡大するには多様化が不可欠と指摘する。

調査会社IHSオートモーティブによると、価格が12万ユーロ以上の超高級車の販売台数は昨年の7万台から2018年までに13万3000台と、ほぼ倍増する見通し。米国と中国の超富裕層の増加が見込まれていることが理由。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。