ベントレーが4000万円超の高級車を発売

その名は「ミュルザンヌ・スピード」

[パリ 3日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン傘下の英高級車ブランド、ベントレーは超高級車「ミュルザンヌ・スピード」を発売した。今後拡大が見込まれる超高級車市場でシェアを広げる狙いがある。

同車の価格は32万4000ユーロ(41万1000ドル)と、ベントレーにとって最高級モデル。また、8気筒エンジンを搭載し、新しい燃焼システムを採用したため、4.9秒で時速100キロまで加速することが可能。

ベントレーは車種の多様化を進めており、2016年には高級SUV(スポーツ用多目的車)の発売も予定している。アナリストらは、ベントレーが高級車市場のシェアを拡大するには多様化が不可欠と指摘する。

調査会社IHSオートモーティブによると、価格が12万ユーロ以上の超高級車の販売台数は昨年の7万台から2018年までに13万3000台と、ほぼ倍増する見通し。米国と中国の超富裕層の増加が見込まれていることが理由。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT