権益確保か、新技術か、原料高にもがく鉄鋼メーカー

資源メジャーと日本の鉄鋼メーカーとの間で合意した主原料交渉。10~12月分は鉄鉱石で13%、原料炭で7%の値下げと決まった。鉄鉱石価格がトン当たり127ドルに下落する理由は、前提となるスポット価格が7月に120ドル台前半まで調整したためだ。が、足元は中国での需要回復もあり、150ドル突破と反発。中長期的に原料高懸念は依然消えていない。

背景にあるのは資源大手の寡占化である。価格決定はいまや“通告”状態で、鉄鉱石輸入の6割強を占める豪州北西部のピルバラ地区は、英豪リオティントと豪BHPビリトンが支配。両社で生産を統合する計画もあり、“持たざるリスク”はさらに深まった。それを受けて日本の鉄鋼会社では今、二つの異なる動きが進行している。一つは原料権益そのものの取得だ。

目指すは調達率50%

鉄鋼メーカーが持っている権益は、古くに取得した案件も少なくない。一方でいまや資源メジャーは資金が潤沢。100%出資を志向しており、新たな権益では鉄鋼各社に声がかからなくなった。 

新日本製鉄がリオと2004年に組んだ、ピルバラ地区の「ビーズリー・リバー」。新日鉄が28%の権益を持ち、埋蔵量4億トン以上と有望だが、開発が進んでいない。リオには単独での鉱山開発を優先する姿勢も見え、焦らされている状況にある。

8月、新日鉄は豪州の「フォックスリー炭鉱」の権益を1割取得。権益以上の数量を引き取りたいなら交渉になるが、「今後能力を増やせば、その分も取れる。出てきたときにさっと買わないと」(谷口進一・新日鉄副社長)と判断した。原料炭では年産250万トンで拡張計画も控える。とにかくモノが欲しいのだ。

片やJFEスチールは昨年12月に豪州「バイヤウェン炭鉱」の権益2割を手に入れ、新興鉱山会社Qコールと組んで開発中だ。メジャーの寡占化抑制も期待される。「ウチも競争力ある案件を見つけたい」と櫛渕尚史・JFEスチール原料企画室長は鼻息が荒い。開発後のオペレーションも考えれば、今後はメジャーに次ぐ中堅クラスと組むのも現実的だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。