日本の税をどう見直すか 土居丈朗編 ~「抜本改革待ったなし」を丁寧に一体的に論述

日本の税をどう見直すか 土居丈朗編 ~「抜本改革待ったなし」を丁寧に一体的に論述

評者 河野龍太郎 BNPパリバ証券チーフエコノミスト

 税制の専門家が抜本改革という言葉を使うのは、大きな痛みをもたらす増税という言葉をオブラートに包むため、と多くの人は受け止めているかもしれない。しかし、抜本改革なしには、財政健全化のみならず、経済成長を高めることも、格差拡大を是正することもままならない。本来、個々の経済活動に対し中立的な税制が組まれることで、効率的な資源配分がもたらされ、経済成長が促される。しかし、日本の税制は、昭和の時代からさほど変わっておらず、少子高齢化、グローバル化といった構造変化にまったく対応できていない。このため、税制そのものが経済活動を歪め、経済成長を阻害するともに、格差拡大の原因ともなっている。

本書は、第一線で活躍する財政の研究者が集まり、日本の税制の問題点と必要な税制改革について、わかりやすく、一体的に論じたものである。

まず累増する社会保障費への対応。保険料だけでは不足するため公費負担を増やしたが、税収も不足している。実態は、将来世代へツケを回す形で社会保障制度が運営されている。拡大する世代間格差を是正すべく、直ちに消費税率を引き上げるべきだという。同感である。

多くの人は、専門家が消費税増税を提言する一方、法人税減税を論じることに、「家計冷遇、企業優遇」と違和感を覚えるだろう。しかし、税の帰着は複雑で、法人税減税こそが日本の資本収益性を高め、国内の雇用機会を拡大し、家計を豊かにする近道であることが丁寧に示される。一方、消費税は経済活動への悪影響が少ない、いわば経済に最も優しい税であることが論じられる。評者も、諸外国に比べ高い法人税率が、国内の投資機会や雇用機会を損ない、経済成長を抑制していると考える。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT