日本電産が強気のM&A、米国事業買収の内実

日本電産が強気のM&A、米国事業買収の内実

日本電産は8月18日、米電機大手エマソン・エレクトリックのモーター事業部門(EMC)を買収すると発表した。買収額は500億~600億円程度とみられる。今9月末までに買収を完了。「買収を機にあらゆる部門のモーターで世界トップを目指す」。日本電産の永守重信社長は、同日開いた会見の席上で力強くそう語った。

同社はHDD用精密小型モーターで世界シェア75%と圧倒的で、車載用など中型モーターも急拡大中。ただ大型モーターは手掛けておらず、中型の家電用モーターでも米国展開が遅れていた。

一方のEMCは、米家電大手ワールプールを顧客に持ち、家電用でシェアが高い。水道システム用などの大型モーターも展開する。日本電産が手薄だった英国やインドに工場を構え、米国には研究開発拠点もある。日本電産にとって今回の買収は、品ぞろえ拡充や海外ネットワークの強化に結び付くというわけだ。

日本電産は目下絶好調。2011年3月期は主力のHDD用モーターが牽引し、売上高6600億円(前期比12%増)、純益630億円(同21%増)と、過去最高益を更新する見通しだ。手元資金も6月末で1273億円と豊富。そこに円高でドル建ての買収余力が高まったため、今回のM&Aに踏み切る。
他に50件の買収候補

過去に29件もの買収案件を手掛け、それをテコに成長路線をひた走ってきた日本電産だが、今回の買収は従来とは大きく違う意味がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。