日本電産が強気のM&A、米国事業買収の内実

日本電産が強気のM&A、米国事業買収の内実

日本電産は8月18日、米電機大手エマソン・エレクトリックのモーター事業部門(EMC)を買収すると発表した。買収額は500億~600億円程度とみられる。今9月末までに買収を完了。「買収を機にあらゆる部門のモーターで世界トップを目指す」。日本電産の永守重信社長は、同日開いた会見の席上で力強くそう語った。

同社はHDD用精密小型モーターで世界シェア75%と圧倒的で、車載用など中型モーターも急拡大中。ただ大型モーターは手掛けておらず、中型の家電用モーターでも米国展開が遅れていた。

一方のEMCは、米家電大手ワールプールを顧客に持ち、家電用でシェアが高い。水道システム用などの大型モーターも展開する。日本電産が手薄だった英国やインドに工場を構え、米国には研究開発拠点もある。日本電産にとって今回の買収は、品ぞろえ拡充や海外ネットワークの強化に結び付くというわけだ。

日本電産は目下絶好調。2011年3月期は主力のHDD用モーターが牽引し、売上高6600億円(前期比12%増)、純益630億円(同21%増)と、過去最高益を更新する見通しだ。手元資金も6月末で1273億円と豊富。そこに円高でドル建ての買収余力が高まったため、今回のM&Aに踏み切る。
他に50件の買収候補

過去に29件もの買収案件を手掛け、それをテコに成長路線をひた走ってきた日本電産だが、今回の買収は従来とは大きく違う意味がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。