「添加物入りドリンク」との付き合い方

「何も飲めないじゃないか!」と嘆く人々へ

メリットとリスクをてんびんにかける。しかし、リスクの度合いがわからない。添加物のリスクをどうやって判断するのだ? さまざまな識者が「過剰に摂取しなければ問題ない」と言い、いろいろな意見が飛び交っている。「過剰」ってどれぐらい? 要は程度の問題なのだろうが、誰かにはっきりと「安全」と「危険」の基準を示してもらいたい。

安部さんは、添加物の「安全性の基準」は、すべて「条件付きの安全」だと話す。

・動物実験しか行われておらず、人間で実験したわけではない。

・単品(1物質)のみの試験であり、複合摂取した場合はわからない。

・安全性試験を行った時代の水準(医療技術、分析機器の精度)での判断であり、最新の水準による判断ではない。

だから「この添加物は安全ですか」と聞かれると、「今のところは明確な危険性は出ていないようです」と答えているという。「人間で3世代ぐらい取り続けてみないと、本当の安全性はわからないのです」。

私たちは現在、壮大な人体実験を身をもって行っている真っ最中なのだ。安全性の結果が出るまでの長い長い期間、市販の「添加物」入りドリンクを全部絶って、5つのメリットを失うことは、ほぼ不可能だろう。少なくとも「粉っぽくてスキッとしない抹茶」を飲み続けることはできない。遅かれ早かれ、香料や、酸化防止剤アスコルビン酸ナトリウムビタミンC)が入った市販のお茶を買ってしまいそうだ。だったら覚悟するしかない。

今回の特集で最も読者の反響の大きかった「野菜ジュース」は私自身、毎日、水代わりにガブガブ飲んできたが、専門家の話を聞いてからは怖くなり、中断している。パッケージの裏側やホームページを見ても、リスクの情報がよくわからず、「安全神話」を疑いつつも選択できないままである。危険性の有無については、さまざまな見解があることも気になる。どうすればいいんだ! そこで、大手メーカーに詳しい話を聞き、後日、番外編として報告したいと思う。

 A男は、娘のD恵と将来の孫のことを考えた。B郞とC美も、息子のE太と将来の孫を想像してみた。「確かに心配だけど、安全性がわかるまで先が長いなあ。このドリンク、やめとく?買う?どうする?」。覚悟がなかなか決まらない5人であった。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?