「添加物入りドリンク」との付き合い方

「何も飲めないじゃないか!」と嘆く人々へ

本当に添加物だらけのコーラを飲まないといけないのか。自分でお茶をいれるのではダメなのか。それがそんなに面倒か。安部さんは、自分でお茶をいれるほうを選択している。

「100g5000円の玉露の抹茶を、500mlのペットボトルに1g入れて、冷水で混ぜるだけ。1本たったの50円です。しかも、添加物ゼロで、カテキン、ポリフェノール、ビタミンCがたっぷり。これがいちばん手間がかからない。普通の煎茶、100g500円を2~3g、お湯でいれることもあります。これだと10~15円で済む。みんな、お茶のペットボトルを150円で買っているなんて、“手間賃”にしては払いすぎですよ。第一、自分でいれたほうがずっとおいしい」

自分でお茶をいれて、メリットを実感

そこで試してみた。いちばん手間がかからないという抹茶。5000円の玉露は高いので、30g500円の抹茶を購入し、冷水で溶かす。小さじ1杯2g程度で約30円也。しかし、抹茶がペットボトルの底にたまってしまう。ガシガシ振ってから飲んだ。

手作りの抹茶ボトル

……うーん、なんか粉っぽい。飲んだ後にこう、スキッとしない。もわっとした香りがして、咳き込みそうで、ゴクゴク飲み干せない。平たく言うと、おいしいと感じないのだ。1日目の記事の大西さんが言うように、人工甘味料の取りすぎで味覚が麻痺しているのかも。市販のお茶のほうがずっと飲みやすく感じる。

やっぱり“プロ”が作る市販のお茶は“おいしい”わ。見た目もきれいだし、飲む前にいちいち振らなくていい。テーブルの上に抹茶をこぼして拭かなくてもいい……。これこそがメリットかと実感した。だから、こんなに市販のドリンクが売れていて種類が豊富なのだ。

次ページただいま人体実験中
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。