3メガバンクが高水準の純利益、それでも景気減速が不安材料


 銀行業の基本は、貸し出しを行って金利リスクと信用リスクのサヤで稼ぐというもの。だが、いずれも日銀・政府の政策で抑えられているので、もっぱら債券売買に頼ることになった。

手数料収益は、個人向けの投信販売が株価の一服で戻り、また法人向けの外為手数料も円高ヘッジで復活してきた。ただ、大きくは伸びない。

さらに、下期に向けては不安材料がある。与信費用は季節的に第1四半期が低く抑えられる。第2四半期には国内の取引先企業の業績を精査し、引き当てを行うため、増加が予想される。また、欧米景気の二番底懸念も強い。景気次第で海外での貸し倒れが出る懸念や、株価の下落による減損の可能性がある。また、金利の一段の低下は見込めず、債券運用益は減る。

通期の純益計画は三菱UFJが4000億円、三井住友が3400億円、みずほが4300億円だが、各社とも上方修正はしていない。

■三菱UFJフィナンシャル・グループの業績予想、会社概要はこちら

■みずほフィナンシャルグループの業績予想、会社概要はこちら

■三井住友フィナンシャルグループの業績予想、会社概要はこちら

(大崎明子 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年8月14日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT