40歳からの腸内改造 松生恒夫著

40歳からの腸内改造 松生恒夫著

大腸がんで亡くなる人が増えている。日本人のがん死の中で、大腸がんの死亡率は女性が1位、男性は3位。そして40歳を過ぎたころから、がんの発生率が高くなる。

消化器内科医である著者は、その背景の一つに戦後日本に広がった欧米型の食生活を挙げる。肉類や乳製品を多く食べ、食物繊維を摂らなくなったこと、そして植物性乳酸菌をほとんど摂らなくなり、逆に動物性乳酸菌を摂りすぎることが、腸内環境に変化をもたらしたと考察する。

さまざまな腸疾患の事例とその治療法を解説。さらには、腸の病気にかからないために著者が編み出した食生活の改善方法「腸内リセット・プログラム」による食餌療法などを紹介している。

ちくま新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。