ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

「マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカーは、90歳を過ぎても優れた洞察の書を遺した。勉強法については自ら著さなかったが、ノンフィクション・ライターが、その著作から知的生産法を集めた。

「3カ月テーマと3カ年テーマ」による継続学習の必要性にはじまり、「価値観」を最優先にして「強み」「機会」を加えた勉強テーマ設定の3基準、サンクコストを考えての「体系的廃棄」の実行、「記録・分析→管理→まとめ」による時間のマネジメント術、さらに読書法など、具体的な勉強法をビジネスマン向けに再構成して教示した。

「生涯使える知的生産の技術」のエッセンスがわかりやすく解説されている。

祥伝社新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?