ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

「マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカーは、90歳を過ぎても優れた洞察の書を遺した。勉強法については自ら著さなかったが、ノンフィクション・ライターが、その著作から知的生産法を集めた。

「3カ月テーマと3カ年テーマ」による継続学習の必要性にはじまり、「価値観」を最優先にして「強み」「機会」を加えた勉強テーマ設定の3基準、サンクコストを考えての「体系的廃棄」の実行、「記録・分析→管理→まとめ」による時間のマネジメント術、さらに読書法など、具体的な勉強法をビジネスマン向けに再構成して教示した。

「生涯使える知的生産の技術」のエッセンスがわかりやすく解説されている。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。