ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

ドラッカー流 最強の勉強法 中野明著

「マネジメントの父」と称されたピーター・ドラッカーは、90歳を過ぎても優れた洞察の書を遺した。勉強法については自ら著さなかったが、ノンフィクション・ライターが、その著作から知的生産法を集めた。

「3カ月テーマと3カ年テーマ」による継続学習の必要性にはじまり、「価値観」を最優先にして「強み」「機会」を加えた勉強テーマ設定の3基準、サンクコストを考えての「体系的廃棄」の実行、「記録・分析→管理→まとめ」による時間のマネジメント術、さらに読書法など、具体的な勉強法をビジネスマン向けに再構成して教示した。

「生涯使える知的生産の技術」のエッセンスがわかりやすく解説されている。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT