ケインズ全集<第8巻>確率論 ジョン・メーナード・ケインズ著/佐藤隆三訳~清新な論理的道筋で類まれな思考力に鍛える


 たとえば、「pならばqである」という命題の真理性は、ある事実に即して、直接的に認識されるのではない。この命題の真理性は、「pは真である」とみなすための諸命題と、「qは真である」とみなすための諸命題のあいだの、包含的な関係によって決まってくる。

命題とは、事実ではなく、ある種の言説(ディスコース)である。ならば命題によって表現される確率も、「言説の世界」において決まるはずである。言説の世界に、確率の論理的問題を位置づけ直す。それがケインズの企てであった。

本書は、刊行の後、ラムジーによる徹底的な批判にさらされるが、決定的な打撃は、カール・ポパーの反証主義によって、帰納法の意義が一掃されてしまった点であろう。ケインズの確率論もまた、そのあおりを受けた。

だがマクロ経済政策の問題は、結局、確率の問題に戻ってくる。ケインズはのちに、本書の欠点を認めて方向転換をするが、本書の論理的な作業は、読者に対してよりも、ケインズ本人に類まれな思考力を与えたという。ケインズを継承するためには、確率論に拘泥しなければならない。思考の強度を鍛えるための、恐るべき一冊だ。

John Maynard Keyenes
1883~1946年。20世紀を代表する経済学者。政治、経済、文化の広範な分野にわたって多彩な活動を行う。『確率論』は20代の情熱を注ぎ込んだ事実上の処女作。改稿に改稿を重ねたうえで、1921年に500ページを超える大著として刊行された。

東洋経済新報社 1万2600円 548ページ

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT