「FRB利上げでも株価上昇」と読む市場は正しいか

株価に悪い影響がある金利上昇は起こらない?

日本人から見ればまだ安いが、アメリカのガソリン価格は高騰。それでも市場では「利上げをしても、アメリカの株価は下がらない」という楽観的な見方がある。本当だろうか?(写真:ロイター/アフロ)

12月14~15日の両日に開かれた、アメリカ連邦公開委員会(FOMC)の結果は、市場の想定以上に「タカ派」的なものとなった。

なぜFRBは今までの見解を一変させたのか?

11月末の議会証言で連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が示唆した通り、これまでインフレに関して使用してきた「一時的(Transitory)」という表現を声明文から削除。一方で、資産購入プログラムの規模縮小(テーパリング)のペースを、国債で月に200億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)で100億ドルと、前2カ月の2倍に速め、2022年の3月には終了させる意向を示した。

声明と同時に発表された「ドット・チャート」と呼ばれるFRB高官による政策金利予想では、18人中なんと10名が2022年に少なくとも3回の利上げを行うのが適切と予想した。前回9月時点では1人もいなかったのだから、状況は大きく変わった。声明発表後の会見で、パウエル議長は「雇用が完全に回復しない段階でも、利上げを開始することもできる」との見方を示すなど、雇用重視からインフレ抑制に軸足をシフトしたのは明らかだ。

この3カ月の間にFRBがここまで大きく方針を変えた背景には、インフレの高進があるのは明らかだ。11月10日に発表された10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で6.2%と、1990年12月以来31年ぶりの高い伸びを記録、市場に大きなサプライズをもたらした。11月のCPI(12月10日)でもその流れは継続、前年同月比で6.9%と、1982年6月以来39年ぶりの水準まで伸びが拡大している。

次ページグリーンスパン氏が「謎」と言った現象は再現する?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT