IKKOさんが「人間関係を楽にする」ためにやめた事

自分が無理しているときの人間関係は「幻」

自分が苦しくなる「無理な人間関係」を見直してみませんか(写真:大和書房提供)
美容家・IKKOさんによる6年ぶりのエッセイ『1ミリの優しさ』。本稿では同書より、IKKOさんがこれまでの人生で人間関係をラクにするために「やめたこと」を5つ紹介する。人間関係に悩み、さまざまな苦労を重ねたからこそ語れるメッセージとなっている。

人間関係には「距離感」が必要

① 苦しくなる人に無理に合わせない

人間関係をうまくやっていくためには「距離感」が大切だと思います。距離感をとるというのは、「無理なことは無理」と相手に伝えていく勇気のことです。一緒にいて、苦しくなる人に無理に合わせようとしないこと。相手に申し訳ないと思って、価値観の合わないところにとどまっていると、いつか相手からのよくないマウンティングが必ず始まってしまいます。

人それぞれの常識の違い、責任の違い、感覚の違いがあるから、人生を幸せに生きるためには無理しすぎず、プライベートでは特に、価値観が合う人たちと共に生きることも必要ではないでしょうか。人間関係は程よい距離感、距離感。

②感情が高まったときに「正義感」を出しすぎない

私の人生で「これ、やらなきゃよかった」と思うのは、自分の感情が高まったまま、相手に正義感を振りかざしてしまったときです。自分の想いが強くなりすぎて、勢いで言ってしまうことがあるのだけど、一生懸命説き伏せれば相手が動いてくれるものでもないのよね。

感情の高まりのままで伝えると、逆に相手が不愉快になることが大半です。だから、自分の感情の高まりを一旦フラットにする作業が必要。想いが強くなったときに、一瞬でも間を置いて、「落ち着け」と心の中の自分に言い聞かすこと。感情が高まったままでは、伝わるものも伝わらなくなると思うから、気持ちをフラットにする意識を持ちましょう。

③「ひと言の手間」を面倒くさがらない

ひと言足りないことで起きる心労ってたくさんあると思います。「ごめんなさい」「ありがとう」もそうですね。あのとき、あの言葉さえ言っておけばよかったということはないかしら。

次ページ20代の頃に自分の生き方に迷った
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT