小林一茶に学ぶ「生きづらさ」飄々とやりすごす術 「親ガチャ」「縁故社会」…江戸時代も辛かった!

拡大
縮小
小林一茶の生き様と俳句には、生きづらい現代社会を軽やかに生き抜く知恵が詰まっているといいます(画像:takeuchi masato/PIXTA)
江戸後期を生きた俳人、小林一茶。どこか童心にかえったような、ユーモラスな俳句で後世に名を残す彼は、実は幼少期から生涯を通じてずっと孤独だったという。
一茶はどのようにその孤独を乗りこなし、人生を楽しんだのか。一茶の生涯をたどり、彼の俳句を味わいながら生きるヒントを探る著書『楽しい孤独――小林一茶はなぜ辞世の句を詠まなかったのか』を上梓した俳人の大谷弘至氏に、一茶に学ぶ「生きづらい世の中でも飄々と幸せに生きる知恵」をテーマに寄稿してもらった。

「親ガチャ」でハズレを引いた小林一茶

小林一茶(1763〜1828年)といえば、次のような俳句が知られています。

雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
やれ打つな蝿が手を擦り足を擦る
雪とけて村一ぱいの子ども哉

いずれも朗らかで慈愛に満ちた俳句です。しかし、一茶の実人生は、こうした代表的な句からは想像も出来ない悲惨なものでした。

我と来て遊べや親のない雀

一茶は「親ガチャ」に外れました。

信州柏原の農家に生まれた一茶は3歳で母を亡くします。やがて父は再婚し、継母がやってきます。そして異母弟が誕生しますが、それ以来、一茶は継母にひどい虐待を受けます。異母弟が生まれたことで、一茶は小林家の邪魔者になったのです。

しかも父の死後には、継母と異母弟を相手に10年以上にわたる遺産相続争いを繰り広げることになります。今からおよそ200年前、一茶は「親ガチャ」に外れたのです。

次ページ長男なのに15歳で奉公に出された
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT