「ウマ娘」SNSでバズらせた制作陣の仕掛けと愛

ネット流行語大賞も受賞!なぜ人気なのか

今年ネットでもっとも流行した単語を表彰する「ネット流行語100」で、2021年間大賞を受賞した「ウマ娘 プリティダービー」(写真:ピクシブ)

15日、今年ネットでもっとも流行した単語を表彰する「ネット流行語100」が発表され、「ウマ娘 プリティダービー」が2021年間大賞を受賞した。

今年で4回目となる「ネット流行語100」はニコニコ大百科とピクシブ百科事典が主催する。選出方法は、ニコニコ大百科とピクシブ百科事典へのアクセス数でその年に伸びた上位100単語を抽出。その中からもっとも差分が多かった単語を選出し、ランキング形式で発表する。

大賞を獲得した「ウマ娘」

「ウマ娘」は大賞を獲得したほか、第2位に「ゴールドシップ(ウマ娘)」、第9位も「ライスシャワー(ウマ娘)」と、作品のモデルになった馬名がランクイン。10位以下も13位の「トウカイテイオー(ウマ娘)」をはじめ、ウマ娘関連の単語が名を連ね、人気の高さを見せつけた。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「ウマ娘」は、実在した競走馬たちをモデルに美少女キャラへと擬人化した、Cygamesによるクロスメディアコンテンツ。2016年のコミックを皮切りに、18年にはアニメ(1期)が放送。今年2月には満を持してゲームアプリが配信され、10月時点で1100万ダウンロードを超えるなど快進撃を続けている。

始動からゲームのリリースまで、実に4年以上のタイムラグがあったが、今年ついにブレーク。満を持しての大賞受賞となった。この点について、ゲームジャーナリストの小野憲史氏はこう分析する。

「ゲームは開発からリリースまで、とにかく時間がかかりました。もともと2016年ごろからメディアミックスプロジェクトとして始動したのですが、2020年1月にアニメ(第二期)が始まった時も『まだゲームが出ないのか』と、私も驚きました。

実は2019年にプロデューサーが途中で変わっているのですが、これはプロ野球でシーズン途中に監督が変わるチームみたいなもので、たいていはうまくいきません。ひょっとして制作中止もあり得るかなと心配していたのですが、いざ出てみたらクオリティーがものすごく高くて驚きました。いい意味で裏切られましたね。交代したプロデューサーの手腕も、非常に優れていたのだと思います」

次ページ細部までこだわったキャラ設定
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT