11代目シビック「爽快」のあだ名に恥じぬ出来の訳 原点回帰の良さ◎、HEVやタイプRにも期待

印刷
A
A
特徴的なリアスタイル(写真:Honda Media Website)

ただし、そうやって調子に乗ってペースを上げていくと、シートのホールド感が物足りなくなってくる。横方向はいいのだが、お尻が前に滑りがちなのだ。また、MTにはアクセルの自動ブリッピング機能があってもいい。久しぶりにMTもいいなという人に対する間口、大きく広がるはずだ。

逆にMT大好きな人のことを考えると、クラッチペダルはもう少しダイレクト感があってもいいかもしれない。デュアルマスフライホイールのせいか、現状は踏力は軽い一方、ペタッと適当に繋がってしまって、操る醍醐味を削いでいる気がするのだ。

「爽快シビック」という名の原点回帰

過去、ワンダー、スポーツ、ミラクル…など色々な渾名をつけてきたシビック、今回は日本語で爽快シビックを名乗る。確かにすごく刺激的というよりはあらゆる場面で心地良く、楽しめる、この一緒にスポーツを楽しむ相棒のような感覚は、そういう言葉で表現してもいいかもしれない。

最近のホンダはスポーツと言い出すと、すぐにタイプRのような体育会的な方向に走りがちなのだが、昔はそんなことはなかったはずだ。それこそワンダーシビックのように、イケメンで勉強も出来てスポーツも軽やかにこなす爽やかなヤツこそがホンダ車だったよなと思うと、新型シビックはまさに今の表現方法で、原点回帰のコンセプトをカタチにしたクルマと言っていい。誕生から50年で、ちょうど1周してここに戻ってきたわけだ。

『2022年版 間違いだらけのクルマ選び』(草思社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このシビック、販売は好調だという。登場1カ月後のデータで興味をひいたのは20代の購入比率が23.9%と世代別ではもっとも高く、そしてMT比率は35.1%とこちらも高かったことだ。こういうストレートなクルマらしい楽しさが、若い層に響いているというのは、こちらも嬉しくなる。

新型シビックにはホンダも力が入っていて、2022年にはタイプR、そして2モーターハイブリッドのe:HEVが投入されることが、すでにアナウンスされている。特に楽しみなのがe:HEV。社内の関係者が口を揃えて「コレは楽しいですよ」と耳打ちしてくるのだ。ホンダ車でそんなのは滅多にないことだから、きっと相当なんじゃないかと期待しているのである。

前回:カローラクロスが安いのに驚くほど出来が良い訳(12月24日配信)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT