「積極還元で配当利回りも高い」50社ランキング 過去10期「無配・減配なし」銘柄に限定して選抜

✎ 1〜 ✎ 294 ✎ 295 ✎ 296 ✎ 最新
拡大
縮小
3月期末を控えて気になるのが配当状況。『会社四季報』最新号のデータでみると無配・減配知らずで高配当利回り企業には金融系が多い(写真:ブルームバーグ)

12月15日発売の『会社四季報』2022年1集(新春号)では、上場企業の株主還元状況を検証している。各企業のページには配当性向とともに過去10期の増減配回数を掲載。増配、減配、据え置き、無配の回数がわかるので、企業の還元姿勢が一目瞭然だ。

多くの企業が決算期末を迎える3月末に向けて配当取りの動きが活発化する中、毎号掲載している今期予想配当利回りと併せて注目したい指標といえる。

増配5回以上で今期も減配回避の積極還元銘柄

『会社四季報』2022年1集(新春号)は12月15日(水)発売。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

新春号では、過去10期の対象期間に減配・無配がなく、増配が5回以上、なおかつ今期減配予想ではない企業を、配当利回りの高い順に100社ランキングしている。今回はさらに、今期予想純利益が30億円以上の条件を加えた、上位50銘柄を紹介する。

1位になったのは、三菱UFJフィナンシャル・グループ系信販会社のジャックス(8584)。過去10期のうち7期増配しており、今期の予想配当利回りは5.33%(11月25日時点、以下同)。11月2日に今期業績の上方修正に併せて、配当予想も従来の年間140円から155円(前期105円)に引き上げており、今期も大幅増配となる。

2位はメガバンクの一角、三井住友フィナンシャルグループ(8316)。過去10期で6回増配、今期予想配当利回りは5.31%だ。こちらも11月12日に配当予想の増額を発表しており、当初予想の年間200円から210円(前期190円)に引き上げた。

次ページ上位に多数ランクインした業種は…
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT