続く窮屈な生活「子どものストレス」4つの解消法

コロナ禍で限界!親はどう解消してあげる?

コロナワクチンが接種できない0歳〜11歳の小さな子どもたち。園や学校など集団生活を送る中で、たくさんの我慢を強いられてきました。たまりにたまった子どもたちのコロナストレス。親はどのように解消してあげればいいのでしょうか(写真:EKAKI/PIXTA)

我慢が続く子どものストレスももう限界!

大人はワクチン接種が進み、生活的には窮屈かもしれませんが、気持ち的にほんの少し余裕が出てきたかもしれません。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

しかし、ワクチン接種ができない0歳〜11歳の子どもたちはどうでしょうか。まさに集団生活を送る世代で、友達との距離も近い時期ですよね。

それなのに、「お友達と近づきすぎないで」「マスクは外さず、手をこまめに洗って」「ご飯のときはお話NG」など窮屈な生活が続いています。スクールカウンセラーでもあり、臨床心理士・吉田美智子さんは、「子どものストレス」に警鐘を鳴らします。

子どもに必要なストレス緩和で大切な4つとは?

以前、『コロナ禍で子どもの〝うつ〟が増えている!? スクールカウンセラーが読み解く、子どもたちの現状とは』という記事でも、コロナ禍で見る、子どもたちの心の心配事をお話しました。残念ながら今でも子どもたちの我慢は日常となり、ストレスはさらに蓄積していると考えられます。今回はそんな状況でも、子どものストレスを緩和してあげたいと思い、おうちでもできる4つの解消法をお伝えいたします。

1.発散する

我慢が日常になると、その我慢の手放し方がわからなくなります。

●話す、歌う、大声を出す
●身体を動かす、踊る
●不満を書き出す
●笑ったり、泣いたり、感情も素直に出す(大人もぜひ一緒してみてください)

なかなか気持ちをリリースするのは難しいかもしれませんが、映画やおうちカラオケなどに頼り、親が先導してあげてください。

次ページ親も一緒にリラックス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT