気にするな 弘兼憲史著

気にするな 弘兼憲史著

人気漫画家である著者が、生い立ちから、会社員時代、漫画家として独立するまでを振り返りながら、自身の人生哲学を語った。

著者は、自分を「究極のプラス思考人間」だと述べている。うまくいかなかったことも数々あれど、失敗から学べることもあるのだからと、すぐに気持ちを切り替えるという。若い時は、壁に突き当たったり、寄り道をしたほうが人生は豊かになるとも語り、不本意だった会社員時代の経験も、漫画を描くうえで大いに役立っているそうだ。

人生、何が幸いするかはわからない。明るい未来を描きづらい今の日本だが、先のことばかり気にせずに、目の前のことに全力を尽くそうと若者たちへエールを送る。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT