年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

とかく複雑で難しいイメージがある年金。わかりにくいだけではなく、未納、未加入、給付カットと将来の不安は尽きない。それでも、厚生労働省は「年金は破綻しない」と強弁する。では、本当に年金は安心できるものなのか、研究者が誤解を解く。

よくある誤解に「子どもが増えれば、年金財政の問題は解決」「パートやアルバイトの人を年金に加入させると、年金財政はよくなる」「将来世代でも年金は2・3倍の得」といったものがあるが、その間違いを明快に指摘。

「賦課方式が諸悪の根源」として、積立方式への移行を促す。それも莫大な債務超過の処理は十分に時間をかけて行えば可能、その移行の果実は確実に存在すると説く。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT