年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

とかく複雑で難しいイメージがある年金。わかりにくいだけではなく、未納、未加入、給付カットと将来の不安は尽きない。それでも、厚生労働省は「年金は破綻しない」と強弁する。では、本当に年金は安心できるものなのか、研究者が誤解を解く。

よくある誤解に「子どもが増えれば、年金財政の問題は解決」「パートやアルバイトの人を年金に加入させると、年金財政はよくなる」「将来世代でも年金は2・3倍の得」といったものがあるが、その間違いを明快に指摘。

「賦課方式が諸悪の根源」として、積立方式への移行を促す。それも莫大な債務超過の処理は十分に時間をかけて行えば可能、その移行の果実は確実に存在すると説く。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。