年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

年金は本当にもらえるのか? 鈴木亘著

とかく複雑で難しいイメージがある年金。わかりにくいだけではなく、未納、未加入、給付カットと将来の不安は尽きない。それでも、厚生労働省は「年金は破綻しない」と強弁する。では、本当に年金は安心できるものなのか、研究者が誤解を解く。

よくある誤解に「子どもが増えれば、年金財政の問題は解決」「パートやアルバイトの人を年金に加入させると、年金財政はよくなる」「将来世代でも年金は2・3倍の得」といったものがあるが、その間違いを明快に指摘。

「賦課方式が諸悪の根源」として、積立方式への移行を促す。それも莫大な債務超過の処理は十分に時間をかけて行えば可能、その移行の果実は確実に存在すると説く。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。