落葉隻語 ことばのかたみ 多田富雄著

落葉隻語 ことばのかたみ 多田富雄著

脳梗塞の後遺症で右半身が麻痺し、しゃべることもままならなくなった国際的免疫学者のエッセー集。左手でキーボードをぽつぽつたたきながら仕上げるのもさぞ大変だったろうが、末期がんも含めた闘病のつらさは筆舌に尽くしがたいものがあったと思われる。そして死の直前までつづった文章の数々はまさに遺言と呼ぶにふさわしい。

繰り返し言及されるのは、リハビリ日数の制限という血も涙もない政策により見捨てられたリハビリ「難民」であり、療養病床の削減など数々の「棄民」政策である。いつから日本はこんなに冷たい国になってしまったのか。著者が取り組んだ患者救済運動も厚生労働省は歯牙にもかけない。

民主主義にもとる数々の現象への厳しい指弾もさることながら、折々の自然や文化、社会にまつわる話題はみなほのぼのとして味わい深い。「若い医学者たちへのメッセージ」は示唆に富み、ほかに能をめぐる数編も収められている。(純)

青土社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT