落葉隻語 ことばのかたみ 多田富雄著

落葉隻語 ことばのかたみ 多田富雄著

脳梗塞の後遺症で右半身が麻痺し、しゃべることもままならなくなった国際的免疫学者のエッセー集。左手でキーボードをぽつぽつたたきながら仕上げるのもさぞ大変だったろうが、末期がんも含めた闘病のつらさは筆舌に尽くしがたいものがあったと思われる。そして死の直前までつづった文章の数々はまさに遺言と呼ぶにふさわしい。

繰り返し言及されるのは、リハビリ日数の制限という血も涙もない政策により見捨てられたリハビリ「難民」であり、療養病床の削減など数々の「棄民」政策である。いつから日本はこんなに冷たい国になってしまったのか。著者が取り組んだ患者救済運動も厚生労働省は歯牙にもかけない。

民主主義にもとる数々の現象への厳しい指弾もさることながら、折々の自然や文化、社会にまつわる話題はみなほのぼのとして味わい深い。「若い医学者たちへのメッセージ」は示唆に富み、ほかに能をめぐる数編も収められている。(純)

青土社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。