産業リサーチ(紙・パルプ) 最大手は海外志向、段ボールが焦点に

紙・パルプはかつて大手上場企業だけで10社以上が乱立し、需要後退期にもシェア争いから生産調整が進まず、市況の下落を繰り返すという業界であった。 
 だが、北米・北欧など世界的に大規模メーカーのM&Aが進む中、日本でもこの10年間に大規模な再編が相次いだ。2001年に日本製紙と大昭和製紙が経営統合したことで、王子製紙との2強体制が確立。過当競争体質が改善したことで、流通業界や需要家に対する価格交渉力も高まった。2強の規模は突出しており、独占禁止法の関係から更なる規模拡大には限界がある。3位の大王製紙は井川一族色が強いだけに、紙パルプ業界の再編はひとまず一服したといえる。 
 紙・パルプの需要は経済成長見合いであり、今後国内需要の急増は見込み難い。王子製紙が中国への本格進出を表明するなど、上位メーカーは海外で拡大路線を模索することになろう。国内再編では、洋紙に比較して依然過当競争体質が残る段ボール事業が焦点となる。特に段ボール原紙(川上)分野の統合に対して危機感を強めるシート(川中)、ボックス(川下)の動きが注目される。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。