「失敗談」を恥ずかしげもなく話す人が魅力的な訳

さらけ出して笑いに変えても評価は下がらない

人に好かれる人は過去の失敗すらもネタにしてしまいます(写真:desidesidesi/PIXTA)
3坪のたこ焼きの行商から、口コミだけで県外から毎年1万人を集める大繁盛店を作り、ユニークな人材育成法をこれまで延べ45万人に伝えてきた永松茂久氏。その永松氏がコミュニケーションの秘訣を明かし、2021年1番売れた本『人は話し方が9割』より、「楽しく会話するためのネタづくり」について解説します。

「しくじり」こそ最強のネタ

人は色んなことで悩んだり、くじけたりする生き物です。

そんな時は思わずうまくいっている人を羨んだり、自分の失敗にいつまでもクヨクヨしてしまいがちになります。

例えばそういう人を目にした時、あるいは楽しくコミュニケーションを取りたいなという相手に出会った時、必ず使えるネタがあります。

それは、「失敗談」です。

人生で成功し続けている人は、ほとんどいません。

多くの人が、何らかの形で失敗し、悔しい思いをしてきています。

そこで、誰もが持っている失敗話を集めて、ネタにしてしまえばいいのです。

これは私の鉄板ネタですが、私が小学校1年の頃の話です。

周りの友達が「自分の家のお父さん、お母さんがどれだけすごいか」について話し始めました。

私も何か言いたくて、思わず

「僕の家には外国人が住んでいる!」

とうそをついてしまいました。

すると、

「すげー!」

「外国人がいるって、英語話せるの?」

となって、引っ込みがつかなくなってしまいました。

結局「どこかに行った」などと逃げ回るハメになったのですが、その話をうやむやにするまで結構大変な思いをしたように思います。

次ページ自分でも不思議に思ってしまう失敗談
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT