日産工場操業停止の教訓、半導体の調達難で玉突き

日産工場操業停止の教訓、半導体の調達難で玉突き

効率化優先の代償なのか。7月14日から19日にかけ、国内外6工場で3日間の操業停止に追い込まれた日産自動車。日立製作所が調達しているエンジンの燃料噴射を制御するユニット(ECU)が計画どおり納入されなかったことが原因だ。

日立はECUの主要部品であるカスタムICを、欧州の半導体大手STマイクロエレクトロニクスから購入していた。が、7月2日にST社から、「7月の契約分12万個のうち10万個しか納入できない」と連絡が入った。

急きょ日立の自動車事業の幹部がST社に飛んだが、納得がいく説明はなし。7日に連絡を受けた日産も突然の事態に対応できず、「自動車メーカーにとって大きな決断」(志賀俊之・日産COO)の生産ライン停止に至った。

真相は明かされず

日産の操業は20日以降正常化している。当該ECUを搭載した車種とそうでない車種が混じり合った生産ラインの調整なども行っており、この先もライン停止は避けられそうだ。しかし、ST社製カスタムICは「8月半ば以降の半導体調達を交渉中」(日立)であり、日立製ECU調達への不安は解消されていない。

不透明感を強めるのはST社側の対応だ。メディアに「コメントできない」を貫くのみならず、日立に対しても原因を開示していない。このため、「半導体市況の急回復で需給が逼迫したため、日立向けを後回しにしたのでは」など、憶測が流れる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。