『七人の侍』と現代 黒澤明 再考 四方田犬彦著

『七人の侍』と現代 黒澤明 再考 四方田犬彦著

制作から50年以上が経った今でも、『七人の侍』は古典的名作ではなく、アクチュアルなものとして世界中で迎えられ、数多のエピゴーネンを生み出していることに驚かされる。今なお迫害されている人々にとって、百姓が侍を雇い野武士を退ける物語は「心理的な浄化を準備する現役のフィルム」だと、映画史家である著者は語る。

そのうえで、この名作をもう一度過剰な栄光の神話から解き放ち、その映画的構造、制作された時代背景、時代劇映画の中の位置、映画史における意義などを丹念に考察。黒澤明生誕100年の今年、改めて『七人の侍』の魅力を読み解き、いかにしてこの作品が普遍性を持ちえたかを検討していく。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。