『七人の侍』と現代 黒澤明 再考 四方田犬彦著

『七人の侍』と現代 黒澤明 再考 四方田犬彦著

制作から50年以上が経った今でも、『七人の侍』は古典的名作ではなく、アクチュアルなものとして世界中で迎えられ、数多のエピゴーネンを生み出していることに驚かされる。今なお迫害されている人々にとって、百姓が侍を雇い野武士を退ける物語は「心理的な浄化を準備する現役のフィルム」だと、映画史家である著者は語る。

そのうえで、この名作をもう一度過剰な栄光の神話から解き放ち、その映画的構造、制作された時代背景、時代劇映画の中の位置、映画史における意義などを丹念に考察。黒澤明生誕100年の今年、改めて『七人の侍』の魅力を読み解き、いかにしてこの作品が普遍性を持ちえたかを検討していく。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。