マツダ、自ら「魂」と呼ぶロードスターを投入

10年ぶりフルモデルチェンジにかかる期待

熱心なロードスターファンがシャッターを切る

熱心なファンも多いロードスターだが、マツダにとっても、自らの魂と呼ぶ特別のクルマだ。ロードスターは1980年代前半に、非公式プロジェクトとして開発がスタート。このとき掲げた「人馬(車)一体」という商品コンセプトは、現在のマツダ車全体の車両開発のコンセプトにつながっている。

当時、手掛けるメーカーもほとんどなく、「2人乗り小型オープンスポーツカーなど売れっこない」という声もある中、ロードスターは発売するや、世界中で大ヒットを記録する。特に欧米において、マツダのブランドイメージを高めることに大きく貢献した。

一方、日本では、バブル景気を背景としたマツダの5チャンネル戦略に基づき、新ブランド「ユーノス」の先兵として、「ユーノス・ロードスター」の車名で登場。車種としては成功を収めたものの、皮肉にも、マツダの経営危機を招いた無謀な拡張路線の幕を開ける車種となった。

 今度こそブランド力のアップを

会場外では懐かしの旧モデルも展示された

ヒットしたとは言え、そもそも販売台数には限界があり、商売にはならないロードスターだった。が、その後、繰り返された経営危機にあっても、廃止が取りざたされることはなかった。米フォード傘下で大規模なリストラをした際も、ロードスターだけは”触らない”のが、暗黙の了解だった。また、リーマンショックとその後の円高のときも、さすがにモデルチェンジの時期こそ延期を余儀なくされたが、中止されることはなく、10年ぶりの新型車投入にこぎ着けた。

過去、販売が停滞するたびに値引きや大口法人販売に走り、ブランド力を毀損してきたマツダ。だが、足元では無理な販売増を狙った値引きを抑制、さらに12年以降に発売してきた新型車がいずれも好調に推移するなど、ブランド力の改善が見られる。ロードスターはマツダを象徴するモデル。新型車には、販売台数そのもの以上に、ブランド力の一段のアップへの大きな期待がかかる。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT