マツダ、期待の「デミオ」発売前の懸念

純正カーナビに不具合見つかる

7年ぶりに全面刷新。小型ディーゼルエンジン搭載で、燃費のよさを見せつけた

マツダはコンパクトカーの「デミオ(海外名:Mazda2)」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、今秋の日本を皮切りに全世界で販売を開始する。日本での価格は約140万~約190万円の見込み。国内市場で、競合他社がコンパクトカーのハイブリッド車(HV)や軽自動車で新型車攻勢を掛ける中、マツダの巻き返しを担う期待の新型車だ。

前評判は上々である。2012年からスタートした新しい統一デザインを採用、コンパクトカーながらも、先に発売した「アテンザ」や「アクセラ」といった上級車と通じる、躍動感のある外観となっている。内装もコンパクトカーにしては上質感を持たせた。車体やエンジン、変速機なども全面的に刷新し、走行性能や燃費性能を高めている。

燃費は1リットル30kmというよさ

特に注目なのが排気量1.5リットルの小型ディーゼルエンジンの搭載車をラインナップすることだ。燃費は軽油1リットル当たり30km程度と、軽自動車やHVを除いたエンジン車では最高水準となる。税金の安い軽油を使うため、燃料代で比較すると、ガソリンHVとほぼ同等になる計算だ。車両価格も、同クラスのHVモデル並みとする見込みで、価格競争力もある。

国内市場で大きな支持を得たHVを持たないマツダにとって、ディーゼルは他社にない差別化ポイントだ。実際、SUV(スポーツ多目的車)「CX-5」、最上級セダン「アテンザ」では、ディーゼル車が人気。コンパクトカーのデミオでは、趣味性の強い上位車種ほど売れ筋にはならないだろうが、ブランドの独自性や、燃費競争で劣後していない、というアピール効果は大きいだろう。

次ページカーナビのトラブルは気がかり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT