マツダ、期待の「デミオ」発売前の懸念

純正カーナビに不具合見つかる

7年ぶりに全面刷新。小型ディーゼルエンジン搭載で、燃費のよさを見せつけた

マツダはコンパクトカーの「デミオ(海外名:Mazda2)」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、今秋の日本を皮切りに全世界で販売を開始する。日本での価格は約140万~約190万円の見込み。国内市場で、競合他社がコンパクトカーのハイブリッド車(HV)や軽自動車で新型車攻勢を掛ける中、マツダの巻き返しを担う期待の新型車だ。

前評判は上々である。2012年からスタートした新しい統一デザインを採用、コンパクトカーながらも、先に発売した「アテンザ」や「アクセラ」といった上級車と通じる、躍動感のある外観となっている。内装もコンパクトカーにしては上質感を持たせた。車体やエンジン、変速機なども全面的に刷新し、走行性能や燃費性能を高めている。

燃費は1リットル30kmというよさ

特に注目なのが排気量1.5リットルの小型ディーゼルエンジンの搭載車をラインナップすることだ。燃費は軽油1リットル当たり30km程度と、軽自動車やHVを除いたエンジン車では最高水準となる。税金の安い軽油を使うため、燃料代で比較すると、ガソリンHVとほぼ同等になる計算だ。車両価格も、同クラスのHVモデル並みとする見込みで、価格競争力もある。

国内市場で大きな支持を得たHVを持たないマツダにとって、ディーゼルは他社にない差別化ポイントだ。実際、SUV(スポーツ多目的車)「CX-5」、最上級セダン「アテンザ」では、ディーゼル車が人気。コンパクトカーのデミオでは、趣味性の強い上位車種ほど売れ筋にはならないだろうが、ブランドの独自性や、燃費競争で劣後していない、というアピール効果は大きいだろう。

次ページカーナビのトラブルは気がかり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT