マツダ、期待の「デミオ」発売前の懸念

純正カーナビに不具合見つかる

7年ぶりに全面刷新。小型ディーゼルエンジン搭載で、燃費のよさを見せつけた

マツダはコンパクトカーの「デミオ(海外名:Mazda2)」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、今秋の日本を皮切りに全世界で販売を開始する。日本での価格は約140万~約190万円の見込み。国内市場で、競合他社がコンパクトカーのハイブリッド車(HV)や軽自動車で新型車攻勢を掛ける中、マツダの巻き返しを担う期待の新型車だ。

前評判は上々である。2012年からスタートした新しい統一デザインを採用、コンパクトカーながらも、先に発売した「アテンザ」や「アクセラ」といった上級車と通じる、躍動感のある外観となっている。内装もコンパクトカーにしては上質感を持たせた。車体やエンジン、変速機なども全面的に刷新し、走行性能や燃費性能を高めている。

燃費は1リットル30kmというよさ

特に注目なのが排気量1.5リットルの小型ディーゼルエンジンの搭載車をラインナップすることだ。燃費は軽油1リットル当たり30km程度と、軽自動車やHVを除いたエンジン車では最高水準となる。税金の安い軽油を使うため、燃料代で比較すると、ガソリンHVとほぼ同等になる計算だ。車両価格も、同クラスのHVモデル並みとする見込みで、価格競争力もある。

国内市場で大きな支持を得たHVを持たないマツダにとって、ディーゼルは他社にない差別化ポイントだ。実際、SUV(スポーツ多目的車)「CX-5」、最上級セダン「アテンザ」では、ディーゼル車が人気。コンパクトカーのデミオでは、趣味性の強い上位車種ほど売れ筋にはならないだろうが、ブランドの独自性や、燃費競争で劣後していない、というアピール効果は大きいだろう。

次ページカーナビのトラブルは気がかり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。