マツダ、期待の「デミオ」発売前の懸念

純正カーナビに不具合見つかる

純正カーナビ「マツダコネクト」は地図データの誤りなどのトラブルも

国内シェア挽回へ、強力な武器となる新型デミオだが、懸念材料が1つある。純正カーナビの「マツダコネクト」のトラブルだ。マツダコネクトは、昨年に発売された新型アクセラから導入されている、新しい純正カーナビ。SNSなどネットワークとの接続機能などを特徴とした新世代システムとして、鳴り物入りでデビューしたが、地図データに誤りがあるなど肝心のナビゲーション機能の性能が低く、評判がいいとは言えない。ネットの掲示板での酷評はともかく、通常、批判が書き込まれることはあまりない公式サイトさえ、批判的なユーザーコメントが少なくない。

もちろん、マツダもすでに2度にわたって無償修理(サービスキャンペーン)を実施するなど、対応を進めている。ただ、まだ日本で一般的なユーザーがカーナビに期待するレベルには、達していない状況である。

カーナビにうるさい日本のユーザー

デミオの場合、普段使いのコンパクトカーなだけに、カーナビの性能は重要。カーナビに多少不満があっても、クルマの走りやデザインに魅力を感じてもらえる上級車とは違う。デザインや走りより、経済性や使い勝手が相対的に重視されるカテゴリーなのだ。特に日本のユーザーは、世界でも最もカーナビにうるさい。

マツダによれば、新型デミオに搭載するマツダコネクトには不具合を改善したソフトウエアを搭載するだけでなく、マツダコネクト以外のカーナビも用意する方針だという。コスト低減を進めた新プラットフォームを全面的に採用したデミオは、その売れ行きがマツダの利益に与える影響は小さくない。発売前に万全の準備が求められる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT