4代目までは僕が直接育てる[上]

孫正義・ソフトバンク社長が激白60分!

――とはいえ、現在はソフトバンクモバイルをはじめ通信3社を孫社長自身が直轄している。ある意味、真ん中に質量がある経営です。目指しているウェブ型経営と違うのでは?

いや、そういうことではない。たまたま今、僕が一人二役をしているだけ。通信3社のところのCEO(最高経営責任者)とグループ全体の持ち株会社としてのCEOは別の機能で、本来は別の人物であるべきだろうと思っているんですね。

ソフトバンクアカデミアで後継者の育成をやっていきますけれども、まず僕の機能を二つに分解する。そして、ソフトバンク持ち株会社のCEO後継者は、英語、中国語が必須。ファイナンスやテクノロジーに対する広くて深い洞察力も求められる。

当然リーダーシップが必要になりますけれども、どちらかというとバランス型でなきゃいけない。冷静な判断能力を持っているということがより重要になってくる。しかもグローバルな視点で。

COOの延長線のような人物が求められる

――人種は関係ない、人間であればいい、とツイッターでつぶやいていますね。

そうです。一方で国内の通信事業3社は、必ずしも英語が必須でもない。英語がしゃべれるほうがベターはベターですけれども、でも、それはいちばん重要な要件ではない。

どちらかというとラインの長から上がってきたCOO(最高執行責任者)の延長線のような人物が求められる。地に足が着いた形でなきゃいけないし、多くの人物を従えるというノリも必要になる。

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング