4代目までは僕が直接育てる[上]

孫正義・ソフトバンク社長が激白60分!

「新30年ビジョン」では、グループ5000社、株式時価総額200兆円という計画を掲げたほか、後継者を育成するソフトバンクアカデミアの創設も明らかにした(7月28日開講)。十数年後の引退をにらんだ後継者育成へ乗り出す狙いとはどのようなものなのか。

300年続くためにはウェブ型経営

そん・まさよし 1957年8月生まれ。80年にカリフォルニア大学バークレー校卒業、81年日本ソフトバンク(現ソフトバンク)を創業。

――孫社長は、一つのブランドや要素技術に依存せず、個性のある多くの企業が緩やかに結び付いた経営を目指してきた。5000社への拡大を目指す新30年ビジョンでも、その考え方を強調しました。

19歳のときに事業を始める最初の瞬間から300年成長し続ける企業をつくろうと考えた。一つのブランド、一つのビジネスモデルが300年持続することは難しい。たとえばマイクロソフトのウィンドウズやインテルのチップを300年後も使っているとは考えにくい。一時は天下を獲ったIBMですら30年ぐらいでピークを過ぎちゃった。まさに諸行無常の世界です。

300年続くためには、組織体のあり方を今までにないものにしなければいけないと思った。それが従来のような中央集権型ではなく、さまざまな会社がそれぞれに発展していく分散型経営、ウェブ型経営です。

――ウェブ型経営であれば300年繁栄できる、と。

中央集権にすると、バトンリレーが難しい。僕自身が事業家として50年ぐらいは現役でやれるとしても、僕がいなくなった後に、まだ250年ほどある。社長の任期が平均10年だとしても、25人ぐらいにバトンを渡していかなきゃいけない。25回バトンを渡し損なわないで1位を走り続けるリレーって、ほとんど不可能に近い。

次ページ「群戦略」を目指した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。