アメリカで注目「民主的子育て」の効果を聞いた 50年の時を経て再び支持されている理由

拡大
縮小
心理学者も認める効果的な子育てスタイルとは?(写真:takeuchi masato/PIXTA)

誰もが愛してやまないメリー・ポピンズ。 彼女は、その率直で実用的なスタイルで、両極端の子育てをしている家庭に飛び込んでいく。民主的な父親は指示を出し、疑うことなく従うことを期待し、母親は家族をサポートするが、影響力はあまりない。それどころか、母親の優柔不断さは、彼女自身を消極的な(あるいは子どもを甘やかす)親、そして無関心な親にしてしまっている。

一方、メリー・ポピンズ自身は2人の子どもを育てることに成功している。その理由は、彼女が持つ「万能バッグ」に加えて、彼女が子どもに明確な境界線やガイドラインを、愛と喜びと興奮をもって与えたからだ。この行動により、子どもたちは要求されたことをするようになる。そして、専門家はこれを「Authoritative Parenting(民主的な子育て)」と呼んでいる。

子どもへの高い期待と、積極的なサポート     

英語の「Authoritative(権威的)」と聞くと、子どもを厳しく育てるイメージを持つが、実際にはバランスを重視した子育てのスタイルで、アメリカには50年前から存在しており、今再び注目されている子育てトレンドの1つだ。

民主的子育ての特徴は、高いレベルの温かい養育と、しっかりした規律を組み合わせていることで、親は子どもに高い期待を持つ一方で、子どもが成功するためのリソースや精神的サポートをしっかりと与える。問題があった場合は、親か子どもどちらかが主導するのではなく、ともに解決の道を探り、コミュニケーションも一方的ではなく、双方向的に行われる。

この概念は、心理学者のダイアナ・バウムリンドが提唱した「責任感と要求」の原型から生まれた。1960年代にカリフォルニア大学バークレー校の発達心理学者として活躍しましたバウムリンドのモデルは、1980年代にエレノア・E・マッコビーとジョン・A・マーティンによって改良された。

バウムリンドの理論は、特定の育児スタイルが特定の子どもの発達や、子どもの結果につながるというものだ。バウムリンドは、広範囲にわたる観察やインタビュー、分析を通じて、「独裁的」「民主的」「消極的」という3つの育児スタイルを見出した。マッコビーとマーティンは、「消極的」に甘やかしを含めたほか、「無関心」という新たな育児スタイルを加えた。

それでは実際、アメリカの親たちはどんな子育てをしているのだろうか。『A Song for the Road』などの著者であるレイン・ラッコさんは、「私の子育てスタイルには、民主的子育てに合致する部分が多くあるが、それだけではない」と話す。

次ページ民主的子育てのメリットは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT