羽田圭介、貯金した末の将来に期待するのは賢明?

今あえてお金の価値を問い直す作品を書く理由

先行き不透明な時代を生きる私たちにとってお金とは何か? 物とは何か? 人生を幸せに生き抜くための考え方について、羽田圭介さんに話を聞きました(撮影:尾形文繁)
芥川賞受賞から6年が経った今も、精力的に作品を生み出し続ける羽田圭介さん。今年は『Phantom』(文藝春秋)に続き、11月30日に『滅私』(新潮社)を刊行します。
生活費を切り詰め、将来のために株式投資に励む主人公・華美と、現代の貨幣経済に異を唱えるオンラインサロンに傾倒していく恋人・直幸の物語を描いた『Phantom』。そして「捨て」をキーワードに必要最低限の物だけで暮らすミニマリストの男・冴津(さえづ)の末路を綴った『滅私』――。
いずれも現代社会が抱える“ゆがみ”を鋭くも、おかしみを交えて描いた作品となっています。先行き不透明な時代を生きる私たちにとってお金とは何か? 物とは何か? 人生を幸せに生き抜くための考え方について、羽田さんに2回にわたって話を聞きました。

お金の価値を問い直す作品が書きたくなった

――今年は『Phantom』に続き、11月30日に『滅私』が発刊されますが、2作品の執筆のきっかけについて教えていただけますか。

まず『Phantom』については、実は書き始めたのが2014年の年末ぐらいなんです。当時はまだ自分が満足に稼げていなくて、株式投資をすればこの不安な状況を抜け出せるんじゃないかと思い、投資信託や米国株などいろんな金融商品を買い始めた頃でした。

ただ、2015年に芥川賞をとると一気に本が売れて、株で儲けようとしている人の気持ちが真剣に考えられなくなってしまったんです。すでに半分ぐらいは書いていましたが、だんだんそのテーマがしっくりこなくなって、途中で放置してしまいました。

それから『成功者K』や『ポルシェ太郎』などアッパーな感じの作品を書いて。2020年にミニマリストをテーマにした『滅私』(『新潮』2020年9月号)を書き終えたところで、過去に書きかけた『Phantom』を読み直してみたら、むしろ今の自分に合っていると感じました。

僕自身はすでに投資に興味がなくなっていたものの、今までまったく投資に関心を示さなかった周りの人たちが急にNISAとかiDeCoについて話題に出すようになったんです。投資でお金増やして「FIREしたい」なんて言い出す人も増えてきました。

※FIRE=Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)

その一方で、既存の金融システムに限界を感じて、「これからはお金じゃない。人との繋がりが大事だ」という層も目立ってきて。そこで株でお金を貯めようとする主人公と、お金ではなく人との繋がりを求めて特殊なコミュニティーにのめり込んでいく恋人の両者を対比させたら、面白い作品になると思い、執筆を再開させたんです。

次ページミニマムな暮らしは経済力があるからこそできる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT