木村拓哉「HERO」が生んだ"4人の人気者"の現在

あれから20年、名バイプレイヤーたちは…

「HERO」撮影時の木村拓哉(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(6枚)

2001年に“月9枠”で放送され、平均視聴率34.3%を獲得した木村拓哉主演のドラマ「HERO」(フジテレビ系)。今ではおなじみの名脇役も、本作がきっかけでブレイクしていた!

ドラマ史に残る作品

「視聴率が全話30%超え。2001年の『HERO』はドラマ史に残る名作です」(テレビ誌ライター)

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

主人公は、木村拓哉演じるスーツを着ない型破りな検事・久利生公平。松たか子演じる検察事務官・雨宮舞子や、彼が勤める東京地検城西支部の同僚たちが事件解決に挑むというストーリーだ。

「木村さんがドラマで身に着けていたファッションアイテムは毎回、話題になります。とくに本作で着ていた茶色のダウンジャケットは大流行! 若者からおじさんまでみんな着ていましたよね(笑)」(同・テレビ誌ライター)

その後、続編ドラマや劇場版も公開され、いずれも大ヒット! 数々の伝説を残してきた「HERO」が放送されて、今年でちょうど20年。テレビや映画でよく見るあの名脇役たちも、実は本作がきっかけでブレイクしていた!

今やドラマや映画に欠かせない存在となった小日向文世(67)。小日向が演じた末次事務次官は愛すべきキャラクターとしてお茶の間に浸透した。だが「HERO」以前の彼は、事務所に給与を前借りするほどの極貧生活だったという。

次ページ小日向文世の苦節時代
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT