〈わかりやすさ〉の勉強法 池上彰著

〈わかりやすさ〉の勉強法 池上彰著

わかりやすいニュース解説で定評がある著者が、テレビの現場で学んだ、物事を伝えるノウハウを公開した「わかりやすさを考える」三部作の完結編。

何事もわかりやすく伝えられれば、コミュニケーションはスムーズになる。ところが、よく専門家でも陥る過ちに、素人が何をわからないかがわからないため、説明が独りよがりになってしまうことがある。そうならないためには、自分の頭の中に素人を想定、その人物の質問に答えるような説明を心がけることが大事だと説く。

ほかにも日々情報を整理するための新聞・ネットの活用法、本の読み方、メモやノートの取り方などが、豊富な事例を交えて解説されている。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。