「首の皮一枚」日本代表が背負う経済的重圧の正体

「4年の1度の特需」が失われた場合のダメージ

ベトナム戦に向け、調整する日本代表(写真:共同)

2022年カタールワールドカップ(W杯)ベスト8の大目標を掲げ、2018年9月に発足した森保一監督率いるサッカー日本代表。しかし今年9月からスタートしたアジア最終予選で予期せぬ苦境に立たされている。

つまずきの始まりは、9月2日の初戦・オマーン戦(大阪・吹田)だった。過去の予選で一度も敗れたことのないW杯未経験国にホームで0-1の苦杯を喫したのは大誤算というしかなかった。

続く7日の中国戦(ドーハ)は1-0で勝利したものの、翌10月シリーズも7日のサウジアラビア戦(ジェッダ)を0-1で落とし、早くも2敗目。崖っぷちに立たされた12日のオーストラリア戦(埼玉)は劇的な形で2-1の勝利をもぎ取り、森保監督も「俺たち、生き残ったぞ」と試合後の円陣で選手たちに雄叫びを上げた。とはいえ、首の皮一枚つながっている状況には変わらないのだ。

今日11日には第5戦・ベトナム戦(ハノイ)が行われるが、キャプテン・吉田麻也(イタリア1部・サンプドリア)ら欧州組11人が乗ったオランダ発のチャーター便がロシアでの給油トラブルに見舞われ、現地入りが9日深夜になってしまった。彼らが全体練習に合流できたのは10日の前日だけ。現地で入念な準備をして待ち構えるベトナムは、調整不足の日本の足をすくうべく、虎視眈々と狙ってくるだろう。

ワールドカップ出場を逃した場合の経済的影響

この関門を突破できたとしても、16日の次戦・オマーン戦(マスカット)も過酷なアウェーの勝負になる。11日の中国戦をUAEのシャルジャで消化する相手は移動負担がほぼないが、日本は長距離移動を強いられるうえ、最高気温30度近い暑さの中で戦わなければならない。

11月シリーズで勝ち点6を取れなければ、カタールW杯自動出場権を得られるグループ2位以内はおろか、大陸間プレーオフに回る3位確保も危うくなってくる。日本がここまで追い込まれたのは、1998年フランス大会でW杯初出場を果たして以降、初めてと言っても過言ではない。

万が一、W杯を逃すようなことがあれば、経済的なマイナス効果は避けられないだろう。日本サッカー協会が発表している2021年収支予算書によると、代表関連事業収益は32億7199万円。コロナ禍の観客制限などが響いて、ロシアW杯が開催された2018年の51億7875万円に比べると20億円近い減収になっている。カタールに行けなければ、2022年以降の減収幅がさらに拡大する恐れもないとは言えないのだ。

次ページ「4年の1度の特需」がなくなると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT