香川真司の「新天地探し」がここまで難航した訳

大物サッカー選手が直面する「30代の壁」の正体

フリー状態が続いていた香川真司の新天地が決定した(写真:UDN SPORTS)

2020年10月にスペイン2部・サラゴサとの契約を解除し、無所属状態に陥っていた元日本代表エースナンバー10・香川真司。彼の新天地がギリシャに決まった。ドイツ、イングランド、トルコ、スペインに続く欧州5カ国目、そして5クラブ目となるのが、同国1部の強豪クラブ・PAOK(パオク)だ。

同クラブはオリンピアコス、パナシナイコスとともに1部から一度も降格したことのない名門で、近年は18-19シーズン優勝などタイトル争いの常連となっている。

今季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)本戦に進出。1次ラウンド敗退を強いられたものの、今季も現時点で国内リーグ4位と、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)やELを狙える位置につけている。香川はその牽引役として、現地に赴いたのだ。

名物オーナーに抜擢された香川

彼に白羽の矢を立てたといわれるのが、名物オーナーのイバン・サビディス会長。ギリシャ系ロシア人実業家で、フォーブス誌の億万長者ランキングに入ったこともある大富豪だ。

ジョージア生まれの同氏はロシアのたばこ会社「Donskoy Tabak」のトップとして成功し、食品加工などの企業グループ「AgrocomGroup」も創設。その後、メディア事業や不動産業にも乗り出した人物で、ロシア下院議員を務めた実績もある。ロシアのウラディミル・プーチン大統領とも親密な関係にあるともいわれる。

PAOKに出資したのは2012年からだが、2018年3月のAEKアテネとの一戦で腰に銃をつけたまま審判に抗議して3年間の観戦禁止処分と約800万円の罰金を命じられたという「お騒がせ会長」でもある。

スケールの大きな人物に抜擢された香川には、推定年俸約1億円という高額サラリーが支払われるという。契約は2022年夏まで1年半。早ければ1月31日のパネトリコス戦でデビューする見通しだ。

次ページ移籍に踏み切った理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT